口臭の原因

息が気になる人、80%いると言われています!

口臭は大きく分けて2種類

・生理的口臭  健康な人の息が一時的に臭うもの。(硫黄のようなにおい) 
・病的口臭  歯周病などのために強い臭いがするもの(魚の腐ったようなにおい)

強烈口臭.jpg

『口臭の原因について』口臭くさ1.jpg

口臭の原因には様々なものがありますが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。
この「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」「お口の衛生状態」が特に重要になりますが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども口臭の原因になりえます。
また、実際には口臭が無いのに、本人が気にしすぎるために口臭があると感じてしまう「自臭症」も、かなりの割合で見られます。
まずは口臭の原因・治療方法をご紹介いたします。

『歯周病に感染している場合』

歯周病の原因である歯茎の中の歯石や汚れ(歯周病菌の増殖)が多くなると、歯茎に炎症が起こって、細菌だけでなく、たんぱく質を多く含む血液や膿などが出るので、口臭を引き起こします。

歯槽膿漏、歯周病が口臭の原因になっている場合の治療は、歯茎の中の歯石や汚れを完全に取り除いて、炎症を無くすことを主に行います。また、歯周病が進行しないように、歯周病を引き起こす細菌(歯周病菌)の除菌をするようにしていきます。

歯周病に感染している

『虫歯や治療した詰め物や被せ物に不具合が』

虫歯があったり、治療した詰め物や被せ物が、歯とうまく合っていないと、細菌の(すみか)となる隙間ができてしまいます。この隙間に細菌のエサとなる汚れが溜まり、腐敗臭が発生してしまうのです。

imgres-1.jpeg

imgres.jpeg

この場合の口臭の治療は、虫歯の治療や、不具合がある詰め物や被せ物を被せなおしたり、歯の根の治療をやり直して、膿が出ないようにすることを主に行います。

『舌のよごれが原因になっている場合』

ご自分の舌を鏡で見た事はありますか?

舌クリーニング.jpg

舌の表面に白っぽいものが付着することがあります。これは舌苔(ぜったい)と呼ばれているもので、歯垢(細菌の温床)と同じようなものです。 一度ご自分の舌をチェックしてみましょう。

舌のよごれが口臭の原因になっている場合には、舌をきれいにすると口臭も軽減します。

舌の汚れの殺菌にも、歯周病菌、虫歯菌をほぼ完全に殺菌できる殺菌水、パーフェクトペリオを用いると、より効果が高い結果が期待できます。

パーフェクトペリオについて詳しくはこちら

『口呼吸が原因になっている場合』

通常、人間は呼吸の大半を鼻で行っています。これを鼻呼吸と言いますが、口呼吸は呼吸の大半を口で行うことです。

oshiete_p1_img02.gif

口呼吸は、乾燥した空気が口の中に入ってくることにより、お口の中が乾燥状態になるため、唾液が少なくなり、お口の中の歯周病菌や虫歯菌が増えて、口臭の原因になります。

口呼吸は、歯並びの関係で上下の前歯が噛み合わなくて、口が開いてしまう場合と、唇などの筋力が弱くて口が開いてしまう場合があります。

噛み合わせが原因の口呼吸の場合には、矯正治療を行う必要がありますが、唇の筋力が弱い場合には、お口の筋肉トレーニング器具などで、お口の筋肉を鍛えることによって口呼吸を改善出来る場合があります。

『鼻やのど、消化器官、全身の病気などが原因になっている場合』

鼻は口とつながっているため、蓄膿症や咽頭炎、喉頭炎などの炎症があると、たんぱく質を含む血液や膿が口の中に出てきて、口臭が起こります。また、胃や消化器官の病気も口臭の一因になっている場合があります。

このような場合には、耳鼻咽喉科や内科での治療が主になりますが、体の免疫力を高めて、歯周病などの改善や予防をする体質改善による歯科治療なども、体質の改善が期待できることから、結果として口臭にも効果がある可能性があります。