知られざる歯周病の脅威!

最新の研究によって、お口の病気である歯周病が、糖尿病などの様々な全身疾患と関係があることが判明しつつあります。いつまでも健康に毎日楽しく過ごすためには、しっかりとした正しいお口のケアによって、歯周病を予防することが大切です。

糖尿病

抵抗カが低下するため、歯周病が進行しやすくなります。
歯周病になると、インスリンが効きにくくなり、糖尿病を悪化させてしまいます。
歯周病の治療をすると、血糖コントロールが改善することがわかっています。

骨粗鬆症

骨密度低下の影響が歯槽骨にもおよび、骨粗鬆症の人は歯周病が進行しやすくなってしまいます。
特に骨粗鬆症の発症率、歯周病によって歯を失う率の高くなる閉経後の女性の場合は、特にリスクを減らすよう注意が必要です。

アテローム性動脈硬化症

歯周病菌が歯肉から血管に入り、血管内壁に感染すると、歯周病菌が産生する内毒素やその刺激で産生される炎症性サイトカインが原因となって血栓を作り、動脈硬化を進行させる可能性があります。

心臓病

歯周病菌が心臓の弁膜や内膜に感染すると、感染性心内膜炎が起こります。
歯周病の人は虚血性心疾患にかかる確率も高まります。

メタボリックシンドローム

肥満と糖尿病がある人は、歯周病にもメタボリックシンドロームにもなりやすく、メタボリックシンドロームと歯周病は肩を並べるように同時に進行していき、様々な生活習憤病を引き起こします。
“万病の元”と言われる肥満を解消することは、メタボリックシンドロームの予防や歯周病の予防につながります。

妊娠トラブル

歯周病になると、炎症性サイトカインやプロスタグランジンが過剰に分泌され、妊婦の揚合はその濃度が高まると、子宮筋が収縮するため、胎児が充分に成長していない状態で、出産することになってしまい、低体重児が産まれるリスクが高くなってしまいます。妊娠がわかったら早目に歯科検診を受けましょう。

以上のように、歯周病は全くあなどることができない重要な疾患の一つなのです。

また、『メタボリック・ドミノ』はご存知でしょうか?

   meta.gif

慶応義塾大学内科学教授の伊藤 裕先生が提唱する メタボリックドミノという考え方 は、

生活習慣病の負の連鎖を表すものです。

メタボリックドミノの考え方では、

①ドミノが“重積”する危険性 

②ドミノの“流れ”にみる各症状の関わり方と発症時期 

③ドミノの流れの“連鎖”反応 

 が重要視されています。 倒れ始めたドミノは,下流になるほど止めるのが困難です。

できるだけ上流で、流れを止めることが大切です。 

歯科とは、関係なさそうな生活習慣病ですが、元栓を締める!!という意味では、はやり効果は多き事がわかってきています。

☆関連記事☆

NHK ためしてガッテン!『突然死を招く怖い感染症!』 放映内容←コチラをクリック