唾液検査で虫歯菌チェック

 唾液検査でお口の健康状態がわかる

唾液検査は3ステップ

唾液検査とは

唾液検査システム「SMT」はSalivary Multi Test(サリバリーマルチテスト)の頭文字をとったものです。歯と歯ぐきの健康と、お口の中の清潔度に関することを、従来の検査よりはるかに短い5分間で手軽に測定できる検査です。
患者様が歯の健康を保つためには、治療で終わりではなく「予防」と「ケア」が必要です。そのためには、お口の中のリスクを予測しコントロールするための唾液検査が効果的です。

唾液検査でわかること

唾液の質や量は人によって様々です。SMTでは患者様がどれだけ虫歯になりやすいのか、お口の中にどんな細菌が多いのかを知るために、

虫歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアの6項目を測定します。

歯の健康に関すること

虫歯菌
虫歯菌が多いと歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯の健康を損なうことが知られています。SMTでは虫歯の原因菌や関連する細菌がどれくらい含まれているかがわかります。
酸性度
唾液の酸性度が高いと口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶けやすいことが知られています。SMTでは、pH指示薬の色変化からお口の中の酸性度がわかります。
緩衝能
唾液には虫歯菌や食物由来の酸を中和する機能「緩衝能」があります。しかし、その働きが弱いとエナメル質などの歯質が溶けやすくなってしまうことが知られています。SMTでは酸に対する唾液の中和力がわかります。

歯ぐきの健康に関すること

白血球
歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増えると、体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。SMTでは尿検査に用いられている試験紙の技術を応用し、白血球の増加度合を検出します。
タンパク質
口腔内の細菌や歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。SMTでは尿検査に用いられている試験紙の技術を応用し、唾液の中の総タンパク量を測定します。

お口の清潔に関すること

アンモニア
口腔内の細菌数が多いと唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭などの原因になるといわれています。SMTでは血液検査で用いられている試験紙の技術を応用し、アンモニアの量を検出します。

その結果は、効果的な予防ケアを考えることにもいかせます。

当院の歯科衛生士が検査結果をもとに必要なセルフケアグッズの紹介もしております。

このような方には唾液検査をおすすめします

口臭がきつい
咽お口の中がねばつく
咽口の中が乾きやすい
咽ケアしているのに虫歯になりやすい

検査の費用は保険外となり1200円です

結果はテストしたその日にお渡しいたしますので興味のある方はぜひスタッフまでお声かけください。