新しい保険治療スタート

保険治療で、金属から白い歯に出来る時代に!


 CAMハイブリットレジン冠.jpg

平成26年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)が、CAD/CAM装置使用に限り『ハイブリットレジン冠での治療が保険適応になりました。『ハイブリットレジン』とは、従来の保険適応の素材(レジン)よりも丈夫な素材です。

今までハイブリット冠は、45,000円程の費用が必要でしたが、今後は9,000円程(3割負担)で治療を受ける事ができる様になりました。

img_0.jpeg 

ハイブリットレジン全ての歯が保険適応ではありません!

第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)が保険適応になっただけですので、その他の歯に対しては保険治療が適応されず、自費治療になります。

保険治療で受けられる被せ物はこちら

第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)には、3種類の保険治療が可能となっています。

『銀歯』   『プラスティックレジン冠』 『ハイブリッドレジン冠』

保険治療金属冠.jpg  保険治療HJKプラスティック冠.jpg   保険治療ハイブリットレジン冠.jpg

プラスティックレジン冠は、『硬質レジン』という歯科用のプラスティックで出来た冠の事です。

ハイブリッドレジン冠は、セラミック(陶器)とレジン(プラスティック)を混ぜて作られた冠の事です。

cadcam.jpeg

今話題の3Dプリンターの要領で、純度の高いハイブリッドのかたまりを削り出して作られる為、従来よりも強度があります。

金属程の強度はありませんが、歯と同じ程度の硬さに調節してありますので、噛み合わせる歯をいためないという利点もあります。

その他の被せ物の性能比較表は↓こちらになっています。

比較表